拙筆屋万次郎 プロフィール

●略歴/

大阪に生まれ、大阪で育つ。現在は神戸市在住。大学卒業後、自主自立の道を歩む。多くの失敗を経て、現在に至る。

1991年/名前や言葉を折りこんだ詩「折り詩」を創作する。

1995年/阪神・淡路大震災勃発。大きな転機となる。

1996年/墨を磨り始める。 書道の経験は皆無だが、自作の詩歌・言葉を書にする。

1999年/「万次郎」として本格的に創作活動を始める。

2000年/文字にハートをあしらった「心文字」を創作。

2001年/「恋慕草」など「十二単の詩歌集」を創作。

 7月・「ロフト」夏のキャンペーン用ウチワに「恋涼風」が採用される。

 4月・毎日小学生新聞 日野原重明先生の連載エッセイ「こんな種をいのちの畑にまく」の題字を揮毫。

 8月・財団法人地域活性化センター主催「地域活性化フォーラムin静岡」のポスターの英字を揮毫。

2008年~2015年まで活動休止。

2016年より活動再開。

2017年/大日本水産会 月刊会報誌「水産界」に「魚文字熟語への誘い」連載。

●展示・個展/

2002年より展示・個展を始める。神戸・岐阜・京都・東京・大阪などで開催。

2018年12月/豊洲市場 銀鱗文庫にて魚文字ワールド展示。

●著書/

2004年6月/拙筆屋万次郎著 「希望の言葉」 ぶんか社。

●カレンダー/

2006年「道」、2007年「食と農」「旅」、2008年「希望の未来(地球温暖化防止)」、2009年「花」、2010年「たった一つのあたたかさ(阪神・淡路大震災を忍んで)」、2011年「愛・感謝・夢」、2012年「希望の言葉」、2013年「生きていく」、2014年「鬼も仏もいるもんだ」、2015年「地球のおかげ」、2016年「山紫水明野菜が美味い白砂青松魚が旨い」、2017年「父さん母さんありがとう」、2018年「夢」、2019年「愚直にあるく」